10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想録 58

へびなの?これが、あなたの姿なの?




感動と困惑が入り混じり、複雑な心境だった。




「ヘビが嫌!」というのではないのだが、名前ですら全部で4つ伝わってきたのだ。この姿を、もりやのものだと、言ってしまっていいのかな…。




そんな私に、これがそうなんだと伝えるかのように、へびは激しく動いて見せるのだった。




n 「インナーセルフには会えましたか?会えたら、ファイルを探すよう、お願いしてください」

私 「あ、はい」

忘れてた。ワークの途中なんだっけ。




ファイルはLevel1&2を習った時にも、ちょっとだけ見えたことがある。




今回も同じような感じで見えるのかしら?と思ったら

mo28_convert_20120806161714.png

本が(そ)

mo29_convert_20120806161737.png

自分のほうに(お)

mo30_convert_20120806161806.png

倒れてきた…(い!)。

思いっきり本に顔を近づけているような感じ。真ん中の薄いグレーの線は、本の綴じ込み部分だと思われる。




そ、そんなに思いっきり目の前に持ってこんでもええやん、もりや。てか、相変わらず何が書いてあるのか、わからへん…(涙)。




そんなこんなで、午前中のワークは終了した。

k 「今日は、一緒にお昼食べましょうね!」

私 「あああ、ありがとうございますー!」

そういえば昨日、すっぽかしちゃったんだった…。




前日と同じメンバーで、おしゃれなカフェへ移動した。メニューを決めながら、簡単な自己紹介。やはりほとんどの方が、k子さんの生徒さんみたいだった。




k 「ね、聞いていい?」(ヒソヒソ)

私 「はい?」

k 「昨日、どうして泣いてたの?」(ヒソヒソ)

私 「あ、えーっと…。すみません」

k 「そか、ごめん。もう聞かないね」(ヒソ)




昨日、泣いてたのを見られていたんだっけ…。話せない話ではなかったが、10名ほどの生徒さんが和やかにおしゃべりをしている場所では、さすがに言えない。




「ごめん」と言った後は、何も聞かれなかったので、私もお喋りに参加させてもらい、楽しいランチタイムを過ごした。




昼休みが終わり講義室へ帰ると、nさんが待ちかねていたように、私を窓の方へ引っ張っていった。

n 「さっき聞きそびれちゃったんだけど、ワークの最中、インナーセルフには会えましたか?」

私 「あ、えーっと…。白くて太くて長い、へびみたいなものが見えました。ファイルは、本を凄く近くで見ている感じで。白かったので、書いてあることは解りませんでした」

n 「本当!?会えてますよ!その調子です!」

そう言って、去っていった。




そういえば、インナーセルフに会いに行っても、体が痛くならなかったな…。




今までに無い変化に、少し心が楽になった。




午後の講義が始まった。次は、クリスタルでアレイを組んでから、インナーセルフに会いに行く。




アレイを組み終えたら、Melody♪さんに声を掛けて、チェックしていただく。前日からの全てのワークに共通することだった。




いつも、「Good!」と言って次の方を見に行くのだが、この時初めて注意をされた。




もちろん英語なのでS氏が訳してくれたのだが、「アレイにズレがあるので、エネルギーの始点が違ってきてしまう」、ということだった。




指摘されたのは、クリスタルのほんの数センチのズレ。




そんな僅かなミスも見逃さない視線、こんな私にもきちんと教えてくださる姿勢は、Melody♪さんのクリスタルヒーリングに対する真剣さや情熱の現われだと思った。




この人に教われて、本当に良かった。




指摘されたズレを直して再びチェックをお願いすると、今度は「Good!」と言ってくれた。




メモ書きを読みながら、プラクティショナー役でワークをこなす。終わった時にnさんが「とっても上手に誘導してくださるから、ちゃんと会いに行けます~」と声を掛けてくれた。




私の誘導が…というよりか、nさんが会いに行くのが上手い気がするのだが、褒めて下さったのは嬉しかった。




変わって、クライアント役。

誘導に従いながら意識を落とすと

mo31_convert_20120806161826.png

もりやと思われる細長と、謎の丸とか

mo32_convert_20120806161852.png

木の様な物が見えたりした(この枝が、うにょ~んと伸びる)。




nさんはワークが終わるたびに「どうだった?」と聞くので、見たままを話すと「すごいすごい!絶対会えてます!その感覚を信じて♪」と、励ましてれた。




会えているのかな。そうだったら、嬉しいけど…。




その後、ラストのワークが終わった。

S 「お疲れ様でした!10分間の休憩の後、認定書授与になります!」




受講生の皆さんが、わらわらと雑談し始めた。




本当に、終わってしまったのね。




と、うしろから私を呼ぶ声がした。







また今日も、ばっちりなところで区切る、もーちゃん。

おぬし、やるな。

精神世界

クリックありがとうございます!

励みになります!
スポンサーサイト
Secre

☆かぞく募集中☆

プロフィール

hisa0622

Author:hisa0622
ゆるゆるっとヒーラーを目指しています(多分)。ただ今、順調に迷走中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。