10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の名前は アニアス 1

た 「あなたの目の前に、下へくだる階段が現れました」

私 「…はい」

た 「では、その階段を下へ下へ、おりて行って下さい」

私 「…はい」

た 「一番下までたどり着いたら、教えてください」

私 「…はい」




2013年3月18日、私は都内某所の高級マンションの一室で、イメージの階段をゆっくりとおりていきました。




ここは、カーサロータス東京サロン。階段をくだるよう誘導してくださっているのは、あのたんたんさんです。




*   *   *   *   *




時を遡ること2ヵ月。それは、今年の1月の事でした。メール整理をしていたときに、たまたまカーサロータスのメルマガを見つけたのです。




かなり昔に、クリスタルロッジで購入経験があったので、発行のたびに届きます。




いつも、さらさらと目を通して、リンクがあればチェックして終了なのですが、この時初めて、たんたんさんの東京サロンセッションに空きがある状態に遭遇してしまいました。




うおおおおお!まじかあああ!あのたんたんさんのセッションを受ける大チャンスじゃないかああ!!!




あのたんたんさん…とは、私がスピリチュアルに興味を持つきっかけとなった、ブログ『なにが見えてる?』の、じぇいど♪さんのツインソウルで、アカシックレコードとかにアクセスできて、Melody♪クリスタルヒーリングのティーチャーで、っていう、もう凄すぎる人なんです。




過去にもメルマガ経由でセッション予約状況をチェックしたことはあるのですが、いつもいつも満枠だったんです。それが、今回は3月に空きがあるという…。




う~んむ、でもさ、すぐ埋まっちゃうよね。ほら、申し込みしてもさ、もう他の方が予約した後で、断られるのがオチだって。それにさ、た…




高いよねえ。




そうなんです。たんたんさんの東京セッション…




かなりお高いのです。




いやいやいや、こういうのは値段じゃないんですよ!もうフィーリングでタイミングでドン!なんですよ!ってのは頭で理解しているものの




やっぱりセコセコやりくりしてヘソクリ貯めてるパート主婦としては、そこは結構大事なところ…。そ、それにそれに、おいらも一応プラクティショナーの端くれ。Melody♪ならば、できるしなああ…(足元にも及びませぬが)。




そんなこんなで、後ろ髪惹かれつつも申し込みには至らなかったのですが、翌日から蓮サインが現れ始めました。




蓮=ロータスです。それに、空き状況の中で気になった枠が、いつまでたっても埋まらないのです。




…これは、行けってことなんだろうか?




相変わらず顕在意識は申し込みを渋っているのですが、サインが出るということは、私の中の誰かが行かせようとしているのかも知れません。




それを確かめるため、『誰か』の代表格である、インナーセルフのもりやに聞いてみることにしました。

私 [ねえ、もーちゃん!カーサロータスのセッションに、行った方がいいの?]

も [いいえ]

私 [へっ!?行く必要無いの?]

も [いいえ]

私 [・・・・・]

どちらにもnoと答えたもりや。Melody♪が出来るから、必ずしも行く必要は無いけれど、行けば勉強になる…ということらしい。




えっ、その程度なの?




そんなもんで、あんなに蓮サインて出るものなのか???




今までの経験から、サイン連発は結構本気で行ったりやったりすべきことが多いです。もりや以外の誰かが行かせようとしている、とも考えられます。




それを突き止めるために、自分で確認している存在全てに聞いて回りました。皆一様に、もりやと同じ答えをくれる中で、唯一違ったのが、最後に質問をした




姫さまでした。




姫さまだけが、強く強く、行くことを勧めてくれたのです。




それでも若干渋っていると、セッション金額の半額ほどの臨時収入がありました。




…ああ、姫さま有難うございます。ケチ子でごめんなさい。




というわけで、気になっていた枠に誘導瞑想の予約を入れまして、いざ、その日を迎えたのでございました。




緊張を隠しながら(…隠せたのか疑問ですが)セッションルームのインターホンを押して、ご対面。優しそうな方で、ホッとしました。




この1週間前に参加した大人の遠足☆皇居編のランチのとき、他の参加者さんが、たんたんさんのことを話されているのを、ちら聞きしておりまして。けっこうユニークなところがある…のだとかw。




そんなこともあったので、必要以上に緊張せずにいられたと思います。




悩み事などを聞いていただき、528Hz音叉を初体験。浄化が済んだところで、誘導瞑想に入りました。




*   *   *   *   *




ずっと下り続けた階段が尽きたのは、暗闇の中でしたが、よく見てみるとレンガ状の石を積み上げて作られた牢獄のようです。




そこにいたのは、10代後半くらいの少女。着ているシャツはボロボロで、泣いていました。




たんたんさんの誘導に従って、少女に話を聞きます。質問の答えは、彼女の言葉だったりヴィジョンだったり。




遊牧民の家に生まれた少女は、街に憧れていました。そこで、両親に[街で働きたい]と打ち明けます。父親は激怒しましたが、母親が懸命に説得してくれて、家を出ることが出来ました。




街の大きな屋敷で、メイドのように働く少女。充実した毎日でしたが、ある日、屋敷の主人の部屋から、絵のような布のようなものを盗んでしまいます。




それが露見し、牢屋に入れられ、そこで兵士か警官かによって殺害されてしまったのだそうです。




[すぐ返すつもりだった。そんなに悪い事だと思わなかった…]そう言いながら泣く少女に、愛の光を沢山与えて癒すと、白い龍になりました。




光り輝く白龍は、とても美しくて…




ぽ~っと見とれていると、たんたんさんの誘導が続きます。

た 「その龍に、名前をきいてみてください」

私 「…はい」

た 「名乗らなければ、好きな名前をつけてもいいですよ」

私 「…はい」

た 「今日から、それがあなたの









インナーセルフですからね」

私 「・・・・・」









はあ!?щ(`Д´щ)







新月ですね。

只今、がっつり変容中…。

精神世界

応援クリック、ポチしてくださると嬉しいです♪
スポンサーサイト
Secre

☆かぞく募集中☆

プロフィール

hisa0622

Author:hisa0622
ゆるゆるっとヒーラーを目指しています(多分)。ただ今、順調に迷走中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。